カテゴリー別アーカイブ: 奨学金関係

DEFC奨学金報告3   2017年4月15日

この度第六次の奨学金受給生が確定いたしました。2017年2月度のラオス視察の際に9校88名の奨学金希望者の中から選考試験を実施し、厳密な採点を行った結果18名の奨学生が確定しました。

今年は一つ新しい取り組みが増えました。身体に障害を持つ生徒を特別奨学瀬瑛として1名加わりました。これは勉学意欲の強い身体障がい学生がハンディキャップを乗り越えるには勉学こそ必要と判断した故です。

ここでDEFCの奨学金の状況を振り返ってみます。

第 次 奨学生数 累積数 2019-4月現在
2012年 第一次奨学金 7 7 完了
2013年 第二次奨学金 15 22 完了
2014年 第三次奨学金 26 48 受給中
2015年 第四次奨学金 15 63 受給中
2016年 第五次奨学金 27 90 受給中
2017年 第六次奨学金 18 108 本年から開始

奨学金受給者数が年毎に変動しておりますが、これはご支援いただく方々によって変わりますが、回を重ねる度に奨学生数が増加傾向にあることは嬉しいことです。

高校を卒業して支援が完了した生徒たちはそれぞれの道を歩んでおりますが、今年(2017年2月)のラオス視察の際にその卒業生3人がDEFCラオス事務所の図書館を訪ねて下さり歓談しました。

3人ともラオス国立大学に進学して環境工学、建築工学、フランス語学科で学んでいるとのことで大変頼もしく感じました。

支援者の方々から頂いた大切な資金が少しずつラオスの力になっていく姿は植物に例えればちょっとだけ芽吹いたところです。これが時間と共にどこまで大きく花開くのかとても楽しみです。

奨学金で高校を卒業しラオス国立大学で学ぶ学生さんたち。

奨学金で高校を卒業しラオス国立大学で学ぶ学生さんたち。

第六次奨学生の皆さん

第六次奨学生の皆さん

ラオス人奨学生からのビデオメッセージです。

日ごろよりたくさんのご支持、ご支援を戴き誠にありがとうございます。

2017年2月度のラオス視察の際にフォンサリ県サンパンサイ高校へ奨学生の訪問に行きました。サンパンサイは私たちの支援している学校の中でも一番過酷な車道を行かなければなりません。即ち、学生や村人たちはインフラや物資の面で大変な生活をしている場所です。

そのサンパンサイ高校の学生達と面談し、ビデオレターを作成しました。90名を超えるDEFCの奨学生の中にあってほんの一部ではありますが、皆様に楽しんで頂けたらと思います。登場してくれる学生は以下の通りです。名前の部分をクリックして下さい。

奨学生指名
ノイワンナリーさん
ヴォンカムさん
ヴィラーコン君
ポンサリーさん
ソムヴォンさん
ドゥアンマニーさん
パオさん
ダーカムさん
カムラー君

 

インタビューの背景に見える竹小屋は全て学生寮です。300人の学生が暮らしています。校舎はその他団体の支援があり立派な建物があるのですがトイレは長い間故障中で女子学生も含め外の林の中で用を足さなければなりません。屋内シャワーはもちろん無く、歩いて数分のところに川から水を取水しているところがあり、そこで男女揃って水浴びをしていました。男女一緒ということで戸惑いがあるように思いましたが男女関係なく仲いいもの同士、誘いながら一緒に歩いているところを見ました。インタビューでも彼らの生活の一部しか伝わりませんがご覧頂ければ嬉しく思います。

今後共ご支援のほど、どうかよろしくお願いいたします。

「爆弾でなく学校を、地雷でなく教科書を」

特定非営利活動法人DEFC代表 松本卓郎

上記メッセージのDVDが欲しい方は以下のメール宛てにその旨連絡ください。上記9名分を収録したビデオメッセージDVDを事務経費500円でお届けいたします。

 

 

 

 

DEFC奨学金報告2   2016年5月23日

DEFC奨学金支援者の皆様

元気でご活躍のことと存じます。 DEFC奨学金報告2をお届けします。おかげでここまで来られました。ありがとうございます。開始して5年目、現在の奨学生総数は56名(下写真)です。今年6月に2次奨学生15名が終了、9月から新しく27名が加わります(ラオスは9月が入学、6月が卒業)。

奨学金は厳しい生活状況の中にありながら勉学に意欲があるラオスの田舎の高校へ卒業までの3年間、就学支援を行うものです。「顔が見える奨学金」として、皆様には奨学金に合わせ励まし手紙と写真をお願いし、奨学生には奨学金振り込み前に写真と手紙を送らせています。台帳は送金記録と奨学生の手紙、皆様の励ましと写真を載せています。 ラオス北部の3県で9つの高等学校で、生活の厳しさを調べ英語又は数学の試験を行って奨学生を選んでいます。学生は遠隔地出身で学校の近くに小屋を立て自炊して学んでいます。奨学金は1か月¥1,000円ほどですが、学用品や自炊、里帰りの交通費に充てており、親の負担が減り、学ぶ意欲が増し成績も良くなっていると手紙に書いています。

送金は半年ごと本人の銀行口座へ振込みます。送金前に就学状況を知るために手紙と写真を書かせています。手紙を書いたこともない学生たちにとって、それ自体が勉強で、内容は次第に良くなってきます。写真は半年ごとに頼もしくなっています。高校卒業後、上級学校進学試験を受け大学や教員養成学校、専門学校へ進学している学生も多いのですが、進路について、知ることが難しい状況です。

奨学金はすべて皆様からの寄金です。継続が大切ですので、一部をラオスの銀行の定期預金し金利を奨学金支給に充てています。通貨変動やラオスの物価上昇が奨学金支給額に影響しますが継続することが大切と思っています。さらなるご支援はありがたいことです。励まし手紙や新しい写真も嬉しいことです。支援者の皆さまには、この経過報告と「支援者奨学生台帳」を学生が卒業するまでお送りすることにしています。 ご寄金の明細や使途内容ほかお問合せやご意見は電話やメール、郵便で、ご送金は DEFC口座のいずれかへお願いいたします。 ありがとうございます。

郵貯銀行総合口座通帳14380-77642041名義人特定非営利活動法人DEFC
京都銀行 大住支店普通預金 4026496名義人特定非営利活動法人DEFC
三菱東京UFJ銀行京都支店431口座番号3068524名義人特定非営利活動法人DEFC理事沢田誠二

DEFC代表 松本卓朗  事務局 610-0353 京田辺市松井ケ丘1-23-4 沢田誠二

電話 0774-63-2060   電子メール seiji.sawada@kzc.biglobe.ne.jp

DEFC奨学生たち

おしまいの6名は5次奨学生(5次奨学生は 27名)

おしまいの6名は5次奨学生(5次奨学生は 27名)

 

 

DEFC 奨学金報告 1 2015年11月5日

DEFC奨学金支援者の皆様  元気でお過ごしご活躍のことと存じます。 奨学金報告をお届けします。

奨学金は困難な生活の中で意欲のあるラオスの田舎の高校一年生を選び卒業までの3年間、就学支援を行うものです。現時点の奨学生総数は 62名です。この内、初回の7名(草色背景)は今年6月に卒業しました。幾人かは大学や教員養成学校、専門学校へ進学しています。 皆様のおかげでここまで来られました。ご支援ありがとうございます。

「互いに顔が見える奨学金」として、支援者の皆様には資金提供に加え、学生への励まし手紙と写真をお願いし、奨学生からは定期的な手紙と写真を受取り、支援者台帳へ記録し皆様へ報告することとしてきました。

4年前に始めたこの奨学金は、郵便制度が未発達なラオス事情や手紙を書いたこともほとんどない田舎の学生たちとの連絡でもたもた続きで、支援の皆様への報告も遅れていました。今年初めに優秀な協力者を得て手紙や写真のやり取りが上手に進むようになり、定期的な報告が出来るようになりました。 奨学生へは半年ごとに日本円¥6,000円相当のラオス通貨を本人名義の銀行口座へ振込み、送金は順調です。

この報告に合わせ、貴兄、貴姉の支援者・奨学生台帳を同封しています。台帳にはこれまでに頂いた奨学金、励まし手紙と写真、奨学生からの便り、写真、成績表など、及び送金記録を載せています。奨学金継続のため、支援者を単独ではなく複数にしている場合があります。この場合、提供下さった貴兄、貴姉の支援金額はほかの支援者には非開示(黒塗り)としています。 また、この支援者台帳記録は、奨学生が卒業するまでお送りすることにしています。

奨学金の原資はすべて皆様からのご寄金です。継続が大切ですので、これまでにいただいてきた金額の一部をラオスの銀行で定期預金とし、その金利を奨学金支給に充てています。しかし、昨今の円安のあおりで、支給額を下げざるを得ない状況です。支援継続、さらなるご支援はありがたいことです。 励まし手紙や新しいお写真も嬉しいことです。

支援いただける場合、ご送金は以下のDEFC口座のいずれかへお願いいたします。
郵貯銀行総合口座通帳14380-77642041名義人特定非営利活動法人DEFC
  京都銀行 大住支店普通預金 4026496名義人特定非営利活動法人DEFC
  三菱東京UFJ銀行 京都支店431口座番号3068524名義人特定非営利活動法人DEFC理事沢田誠二

DEFC奨学生写真

育英奨学生の支援者になって下さいませんか。

DEFCの新しい活動です。地方の優秀な生徒(日本の中学3年生相当)へ高校卒業までの3年間、奨学金を提供し、出来たら外国の大学へ合格できるほどの人材を育てようとするものです。

DEFCは、支援者と育英奨学生(以下、奨学生)を結びつける仕事をします。
支援者になってくださる人のお申し出と送金を受けて、支援者名簿と育英奨学金会計を作ります。奨学生は、DEFCが行う「図書館短期学習」(下に注記)で勉強した生徒の中から選び、支援者に紹介します。支援者の奨学金を奨学生へ送ります。 奨学生は、生活や勉強の様子を支援者へ1年に2回ほど報告します。奨学金は学生1名1年間、¥12,000円とします。DEFCは、手数料に相当するもの頂きませんが、どうしても必要な経費(郵便や通信費、ラオス語から日本語への翻訳料など¥1,000程度)をいただきます。


注記 「図書館短期学習」  DEFCが支援する地方の中等学校(日本の中学と高校を合わせたもの7年制)の4年生(中学校3年生に相当)を対象に、英語と数学で優秀な生徒を10名ほど選んで、DEFCの図書館で1週間ほどの集中学習を提供する教育支援活動です。今年6月に第二回目を行います。育英奨学生はここから選びます。費用は全てDEFC資金です。こちらへも支援していただけたら、ありがたいことです。

 

詳細については担当まで、
お問い合わせください。

お問い合わせ先

DEFC事務局メール npo_defc@yahoo.co.jp

・ホームページ http://npodefc.web.fc2.com/

DEFC代表 沢田誠二 seiji.sawada@kzc.biglobe.ne.jp

         610-0353 京田辺市松井が丘1-23-4、 0774-63-2060