カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

ラオス人奨学生からのビデオメッセージです。

日ごろよりたくさんのご支持、ご支援を戴き誠にありがとうございます。

2017年2月度のラオス視察の際にフォンサリ県サンパンサイ高校へ奨学生の訪問に行きました。サンパンサイは私たちの支援している学校の中でも一番過酷な車道を行かなければなりません。即ち、学生や村人たちはインフラや物資の面で大変な生活をしている場所です。

そのサンパンサイ高校の学生達と面談し、ビデオレターを作成しました。90名を超えるDEFCの奨学生の中にあってほんの一部ではありますが、皆様に楽しんで頂けたらと思います。登場してくれる学生は以下の通りです。名前の部分をクリックして下さい。

奨学生指名
ノイワンナリーさん
ヴォンカムさん
ヴィラーコン君
ポンサリーさん
ソムヴォンさん
ドゥアンマニーさん
パオさん
ダーカムさん
カムラー君

 

インタビューの背景に見える竹小屋は全て学生寮です。300人の学生が暮らしています。校舎はその他団体の支援があり立派な建物があるのですがトイレは長い間故障中で女子学生も含め外の林の中で用を足さなければなりません。屋内シャワーはもちろん無く、歩いて数分のところに川から水を取水しているところがあり、そこで男女揃って水浴びをしていました。男女一緒ということで戸惑いがあるように思いましたが男女関係なく仲いいもの同士、誘いながら一緒に歩いているところを見ました。インタビューでも彼らの生活の一部しか伝わりませんがご覧頂ければ嬉しく思います。

今後共ご支援のほど、どうかよろしくお願いいたします。

「爆弾でなく学校を、地雷でなく教科書を」

特定非営利活動法人DEFC代表 松本卓郎

上記メッセージのDVDが欲しい方は以下のメール宛てにその旨連絡ください。上記9名分を収録したビデオメッセージDVDを事務経費500円でお届けいたします。

 

 

 

 

ラオス教育体験実習希望者募集のご案内

DEFCではラオスでの教育体験実習を希望される方々に対して実習の場を提供しております。教育指導者としての道を歩むことをお考えの方には良い機会ではないかと考えます。以下ご説明を致します。

                   記

1.主旨:教員を目指す学生や若い人へ、ラオスでの教育体験の場を提供する。

2.学校:ラオスの首都ヴィエンチャン郊外、DEFC図書館と隣接するサイサモン(DEFCラオス代表)の私立小中学校。

3.実習内容:やって見たいこと、やれそうなこと(例 お絵かき、ゲーム、紙芝居、英語、算数などなど)を参加者に自分で準備して頂きます。

4.実習時期と期間:体験実習を希望される方のご都合と受け入れ学校の調整が必要となりますが、基本的には希望される方のご都合を尊重いたします。例えば学校の夏休み中などにつきましても内容により可能です。また、じ実習期間につきましても半日から数日間柔軟に対応できます。

5.滞在:DEFC図書館の宿泊施設を利用することが可能です。施設は空調、トイレシャワー付き2人部屋3室、これ以外の事務室を入れると最大10名宿泊可能。

6.食事と費用:朝昼夕食3食付きで一日20~25US$

7.その他:二日以上の実習体験者へはDEFCの証明書を発行予定。

8.申込、お問合せ:DEFC事務局にメールまたは電話を願い致します。

メール:info@defc-laos.org

電話:0774-93-2060

9.体験談:以下をご参照ください。

ラオス教育体験実習報告

以上

 

熊本群発地震への寄金総括ご報告

DEFC支援者の皆様

サバイディ―!!

日頃DEFCの活動に多大なご支援を頂き感謝しております。
4月14日に発生した熊本市を中心とする群発地震ははや、二か月も経とうとしておりますが未だに収束していない状況です。
皆様からお送り頂きました寄金について総括のご報告を致します。

本ご報告を持ちましてDEFCとしましては皆様からの寄金募集及び支援を活動を収束することといたします。
皆様の絶大なご支援ご協力を感謝いたします。

特定非営利活動法人DEFC熊本地域群発地震支援状況結果。

*寄金者名:
Y.沢田様、S.沢田様、ISSC様、N.加茂様、Y.田中様、Y.藤沢様、T.木村様、SIVIO R.湊様、Y.辻様、S.沢田様、じゃっど T.帖佐様、ホットポット C.森岡様、S.斎藤様、M.橋本様、雪中華様、S.大橋様、S.松村様、T.杉本様、K.福原様、上田様、谷山様、T.月田様、青田様、H.波多野様、ハイジの会様、E.桐原様、K.木原様、E.桐原同窓会5名様、木原1B会様、S.マニー様、KEOKENCH様、SOUTTHIV様、YOUATONG様、HERCHER様、XIONGEN様、ISAPH T.磯様、M.乳井様、CHISE H.小田様

*皆様からの支援金及び使途:
*寄金総額:637,922円
*支出総額:637,922円
*残金  :            0円
*支出内訳
2016/4/21:熊本市内在住のDEFC協力者元JICA-SVへ送金: 50,000円
2016/4/25:熊本市内在住のDEFC協力者元JICA-SVへ送金:100,000円
2016/5/6 :一般社団法人Smart Survival Project へ送金 :300,000円
2016/5/19:一般社団法人Smart Survival Project へ送金 :100,000円
2016/6/6 :一般社団法人Smart Survival Project へ送金 : 82,262円
経費(送金費、領収書郵送費):5,660円

*支援物資
4/22 マットレス7枚を熊本県御船町避難所
4/23 電子レンジ4台を熊本県御船町避難所
4/25 電子レンジ1台を熊本県御船町避難所
4/25 マットレス3枚を熊本県御船町避難所
4/25 便座2台、掃除機1台を熊本県御船町避難所
4/26 便座1台を熊本県御船町避難所
4/27 電子レンジ2台を熊本県御船町避難所
5/8 ワンタッチテント14張熊本県御船町避難所
5/21 ワンタッチテント5人用15張(複数避難所)
5/21 クッショングランドシート1枚(おーさぁ健軍支援)

なお、6月6日に一般社団法人Smart Survival Project へ 82,262円を送金
しましたが本送金に係る支援物資につきましてはSmart Survival Projectに於いて
他の支援金と合算して行うこととなっております。

以上

DEFC奨学金報告2   2016年5月23日

DEFC奨学金支援者の皆様

元気でご活躍のことと存じます。 DEFC奨学金報告2をお届けします。おかげでここまで来られました。ありがとうございます。開始して5年目、現在の奨学生総数は56名(下写真)です。今年6月に2次奨学生15名が終了、9月から新しく27名が加わります(ラオスは9月が入学、6月が卒業)。

奨学金は厳しい生活状況の中にありながら勉学に意欲があるラオスの田舎の高校へ卒業までの3年間、就学支援を行うものです。「顔が見える奨学金」として、皆様には奨学金に合わせ励まし手紙と写真をお願いし、奨学生には奨学金振り込み前に写真と手紙を送らせています。台帳は送金記録と奨学生の手紙、皆様の励ましと写真を載せています。 ラオス北部の3県で9つの高等学校で、生活の厳しさを調べ英語又は数学の試験を行って奨学生を選んでいます。学生は遠隔地出身で学校の近くに小屋を立て自炊して学んでいます。奨学金は1か月¥1,000円ほどですが、学用品や自炊、里帰りの交通費に充てており、親の負担が減り、学ぶ意欲が増し成績も良くなっていると手紙に書いています。

送金は半年ごと本人の銀行口座へ振込みます。送金前に就学状況を知るために手紙と写真を書かせています。手紙を書いたこともない学生たちにとって、それ自体が勉強で、内容は次第に良くなってきます。写真は半年ごとに頼もしくなっています。高校卒業後、上級学校進学試験を受け大学や教員養成学校、専門学校へ進学している学生も多いのですが、進路について、知ることが難しい状況です。

奨学金はすべて皆様からの寄金です。継続が大切ですので、一部をラオスの銀行の定期預金し金利を奨学金支給に充てています。通貨変動やラオスの物価上昇が奨学金支給額に影響しますが継続することが大切と思っています。さらなるご支援はありがたいことです。励まし手紙や新しい写真も嬉しいことです。支援者の皆さまには、この経過報告と「支援者奨学生台帳」を学生が卒業するまでお送りすることにしています。 ご寄金の明細や使途内容ほかお問合せやご意見は電話やメール、郵便で、ご送金は DEFC口座のいずれかへお願いいたします。 ありがとうございます。

郵貯銀行総合口座通帳14380-77642041名義人特定非営利活動法人DEFC
京都銀行 大住支店普通預金 4026496名義人特定非営利活動法人DEFC
三菱東京UFJ銀行京都支店431口座番号3068524名義人特定非営利活動法人DEFC理事沢田誠二

DEFC代表 松本卓朗  事務局 610-0353 京田辺市松井ケ丘1-23-4 沢田誠二

電話 0774-63-2060   電子メール seiji.sawada@kzc.biglobe.ne.jp

DEFC奨学生たち

おしまいの6名は5次奨学生(5次奨学生は 27名)

おしまいの6名は5次奨学生(5次奨学生は 27名)

 

 

熊本群発地震への寄金状況ご報告

サバイディ―!!

日頃DEFCの活動に多大なご支援を頂き感謝しております。
4月14日に発生した熊本市を中心とする群発地震は2週間以上を経過した現在でも未だ高い震度の地震が続いております。
世界中から支援の輪が広がっておりますが、私たちのDEFCでも皆様からの絶大なご協力により予定を大きく上回る額が集まりました。

現在までの状況を途中経過としてご報告致します。
有難うございました。

現地では未だまだ多くの支援が必要であり、一刻も早い復興を祈念してDEFCでもさらに継続して支援金を送りたく願っております。
3.11の大震災の時にも世界中の方々から寄金を頂きました。勿論ラオスやネパールからも頂きました。
受けた恩を忘れないアジア人の一員として皆様の暖かいご支援を再度お願いする次第であります。

特定非営利活動法人DEFC熊本地域群発地震支援状況(4月30日現在中間状況を時系列にてご報告致します)

*寄金者名:
Y.沢田様、S.沢田様、ISSC様、N.加茂様、Y.田中様、Y.藤沢様、T.木村様、SIVIO R.湊様、Y.辻様、S.沢田様、じゃっど T.帖佐様、ホットポット C.森岡様、S.斎藤様、M.橋本様、雪中華様、S.大橋様、S.松村様、T.スギモト様、K.福原様、上田様、谷山様、T.月田様、青田様、H.波多野様、ハイジの会様、E.桐原様、K.木原様、E.桐原同窓会5名様、木原1B会様、S.マニー様、KEOKENCH様

*皆様からの支援金及び使途:
寄金総額:586,901円
支出総額:154,364円
2016/4/21:熊本市内在住のDEFC協力者元JICA-SVへ送金: 50,000円
2016/4/25:熊本市内在住のDEFC協力者元JICA-SVへ送金:100,000円
経費(送金費、領収書郵送費):4,364円

*支援物資:
4/22 マットレス7枚を熊本県御船町避難所
4/23 電子レンジ4台を熊本県御船町避難所
4/25 電子レンジ1台を熊本県御船町避難所
4/25 マットレス3枚を熊本県御船町避難所
4/25 便座2台、掃除機1台を熊本県御船町避難所
4/26 便座1台を熊本県御船町避難所
4/27 電子レンジ2台を熊本県御船町避難所

以上

DEFC 奨学金報告 1 2015年11月5日

DEFC奨学金支援者の皆様  元気でお過ごしご活躍のことと存じます。 奨学金報告をお届けします。

奨学金は困難な生活の中で意欲のあるラオスの田舎の高校一年生を選び卒業までの3年間、就学支援を行うものです。現時点の奨学生総数は 62名です。この内、初回の7名(草色背景)は今年6月に卒業しました。幾人かは大学や教員養成学校、専門学校へ進学しています。 皆様のおかげでここまで来られました。ご支援ありがとうございます。

「互いに顔が見える奨学金」として、支援者の皆様には資金提供に加え、学生への励まし手紙と写真をお願いし、奨学生からは定期的な手紙と写真を受取り、支援者台帳へ記録し皆様へ報告することとしてきました。

4年前に始めたこの奨学金は、郵便制度が未発達なラオス事情や手紙を書いたこともほとんどない田舎の学生たちとの連絡でもたもた続きで、支援の皆様への報告も遅れていました。今年初めに優秀な協力者を得て手紙や写真のやり取りが上手に進むようになり、定期的な報告が出来るようになりました。 奨学生へは半年ごとに日本円¥6,000円相当のラオス通貨を本人名義の銀行口座へ振込み、送金は順調です。

この報告に合わせ、貴兄、貴姉の支援者・奨学生台帳を同封しています。台帳にはこれまでに頂いた奨学金、励まし手紙と写真、奨学生からの便り、写真、成績表など、及び送金記録を載せています。奨学金継続のため、支援者を単独ではなく複数にしている場合があります。この場合、提供下さった貴兄、貴姉の支援金額はほかの支援者には非開示(黒塗り)としています。 また、この支援者台帳記録は、奨学生が卒業するまでお送りすることにしています。

奨学金の原資はすべて皆様からのご寄金です。継続が大切ですので、これまでにいただいてきた金額の一部をラオスの銀行で定期預金とし、その金利を奨学金支給に充てています。しかし、昨今の円安のあおりで、支給額を下げざるを得ない状況です。支援継続、さらなるご支援はありがたいことです。 励まし手紙や新しいお写真も嬉しいことです。

支援いただける場合、ご送金は以下のDEFC口座のいずれかへお願いいたします。
郵貯銀行総合口座通帳14380-77642041名義人特定非営利活動法人DEFC
  京都銀行 大住支店普通預金 4026496名義人特定非営利活動法人DEFC
  三菱東京UFJ銀行 京都支店431口座番号3068524名義人特定非営利活動法人DEFC理事沢田誠二

DEFC奨学生写真

こんにちは、DEFCです。


 私たちNPO法人DEFCは「爆弾ではなく学校を、地雷ではなく教科書を!」を標語として、ラオスの教育向上に取り組んでいます。ラオスは国連が認定する貧困国で、教育もとても遅れています。貧困を断ち切るために教育向上が求められます。教育向上のために、わたしたちで出来ることをやっています。

 

  ラオスで、

 子どもたちの居場所・学習の場として小さい図書館を運営しています。

 50年前のヴェトナム戦争時で落とされた、クラスター爆弾の死傷被害を減らすための教育のお手伝いとして、“お絵かきコンテスト”をやっています。

 田舎の村に小学校校舎や中学生の生徒寮建設のお手伝いをしています。

  新しい活動として、“育英奨学金”を立案中です。支援者を募り、地方の優秀な高校生へ奨学金を提供し、出来たら外国の大学へ合格できるほどの人材を育てようとするものです。 いずれこのブログでご案内します。 

 活動のための資金は会員の会費および支援者からの寄付金です。資金を有効に使うため、給与や手数料に相当する支出は行っていません。会計はどなたにも説明できるように詳細に記録しています。 

DEFCの活動を理解していただき、協力してくださいませんか、

支援や協力を頂いた皆様へは、お礼(領収証)の絵葉書(ラオスの活動の様子写真)と、会誌をお送りしています。 

 会員になってくださいませんか、年会費は6,000円です。国内での活動は、なかなか出来ない状況ですが、会員には活動報告の会誌「DEFCニュース」をお送りし、メールリストで、逐次活動への提案や意見交換 を行っています。

 寄付をお願いします。

 物品提供の受付につきましては平成25年2月末で活動を終了いたしました。ご提供頂いた各位に心からお礼申し上げます。活動終了の理由は以下です。

(1)提供品を送って下さる協力者の郵送費のご負担が高額であるため。

(2)ラオスでの通関での煩雑な受け取り手続き、及び通関料金が高額となったため。

(3)ラオス国内、地方への輸送費が高騰していること、及び持参訪問の機会が減少しているため。

==============================================



DEFCニュース 第18号を発行しました。

http://npodefc.web.fc2.com/defc-news-no18.pdf

DEFCニュース 第17号を発行しました。

http://npodefc.web.fc2.com/defc-news-17.pdf

DEFCニュース 第16号 

http://npodefc.web.fc2.com/defc-news-16.pdf

DEFCニュース 第15号を発行しました。

http://npodefc.web.fc2.com/defc-news-15.pdf

2010-11年度通常総会報告をアップロードしました。

http://npodefc.web.fc2.com/h23-defc-soukai.pdf

DEFCニュース 第14号を発行しました。

http://npodefc.web.fc2.com/defc-news-14.pdf

==============================================

お問い合わせ先

DEFC事務局 npo_defc@yahoo.co.jp

・ホームページ http://npodefc.web.fc2.com/

DEFC代表 沢田誠二 seiji.sawada@kzc.biglobe.ne.jp

         610-0353 京田辺市松井が丘1-23-4、 

                                   0774-63-2060

==============================================

育英奨学生の支援者になって下さいませんか。

DEFCの新しい活動です。地方の優秀な生徒(日本の中学3年生相当)へ高校卒業までの3年間、奨学金を提供し、出来たら外国の大学へ合格できるほどの人材を育てようとするものです。

DEFCは、支援者と育英奨学生(以下、奨学生)を結びつける仕事をします。
支援者になってくださる人のお申し出と送金を受けて、支援者名簿と育英奨学金会計を作ります。奨学生は、DEFCが行う「図書館短期学習」(下に注記)で勉強した生徒の中から選び、支援者に紹介します。支援者の奨学金を奨学生へ送ります。 奨学生は、生活や勉強の様子を支援者へ1年に2回ほど報告します。奨学金は学生1名1年間、¥12,000円とします。DEFCは、手数料に相当するもの頂きませんが、どうしても必要な経費(郵便や通信費、ラオス語から日本語への翻訳料など¥1,000程度)をいただきます。


注記 「図書館短期学習」  DEFCが支援する地方の中等学校(日本の中学と高校を合わせたもの7年制)の4年生(中学校3年生に相当)を対象に、英語と数学で優秀な生徒を10名ほど選んで、DEFCの図書館で1週間ほどの集中学習を提供する教育支援活動です。今年6月に第二回目を行います。育英奨学生はここから選びます。費用は全てDEFC資金です。こちらへも支援していただけたら、ありがたいことです。

 

詳細については担当まで、
お問い合わせください。

お問い合わせ先

DEFC事務局メール npo_defc@yahoo.co.jp

・ホームページ http://npodefc.web.fc2.com/

DEFC代表 沢田誠二 seiji.sawada@kzc.biglobe.ne.jp

         610-0353 京田辺市松井が丘1-23-4、 0774-63-2060

 

DEFCへの寄付・ご寄金についてのお願い

寄付・ご寄金について、 DEFCへのお心遣いありがとうございます。DEFCは、会計を明瞭に保つためことを基本としています。お力 添えを下さった支援者へは、お礼をかねた領収証を送ることにしています。銀行経由で送金くださる皆様の中で、お名前だけの場合があり、領収証を送 ることができない場合が起こっています。個人情報は守ります。郵便やメールなどで、別途お知らせくださるようお願いいたします。

講 演  「ラオスの子どもたち」 11月3日(木・祝)

講 演  「ラオスの子どもたち」 11月3日(木・祝)
開催日時 2011年 11月 3日 (11:45-12:05)
開催場所 大阪府 (郵便事業株式会社近畿支社)
*****************************
下記の催しで、DEFC活動の展示と講演を行います。
展 示  ラオスの子どもたちが書いた絵、残留クラスター爆弾お絵かきコンテ
ストの絵、日本の学生たち教育支援の様子など
講 演  「ラオスの子どもたち」 時間11:45-12:05
催し名  「国際文通週間のつどい」
主 催  郵便事業株式会社近畿支社
日 時  11月3日(木・祝)10:30-16:00
場 所  郵便事業株式会社 近畿支社7回講堂
530-8797 大阪市中央区北浜東3-9 06-6944-5642