2017年2月度ラオス便り第2号(3月3日)

愈々本日から北部に移動して本格的な奨学生との面談や試験、学校訪問などが始まります。その手始めに手しごと屋の皆様に私共DEFCのラオス代表のサイサモンさんが経営する小学校の視察を行いました。小学生から中学生まで授業中のクラスにお邪魔してプレゼントの鉛筆を渡し、また飛び入り授業ということでハーモニカの演奏や詩吟の披露などを行い子供たちに日本文化の一部を紹介しました。子供たちの輝いた目がとても印象的でした。

この後飛行機で古都ルアンプラバンに移動し明日からの地方訪問のための準備及び市内観光をしました。15名の団体でとても目立ちます。ガイドが付き添わない無許可の観光ということでポリスが目を光らせて居ることもあり、市内で最大の市場でショッピングを楽しみました。当地のタクシーともいうべきトゥクトゥクに乗りたいという希望者にトゥクトゥクで移動もしました。また夕食後ルアンプラバンのナイトマーケットでたくさんの買い物もされておりました。

Img_2974resize

教室で生徒たちにプレゼントの鉛筆を配りました。

Img_2976resize

生徒たちと一緒に撮りました

 

 

 

 

 

 

Img_2977resize

中学校のクラスでハーモニカの演奏で早春賦を聴いてもらいました。

Img_2980resize

中学生の教室では漢字の授業中でした。

 

 

 

 

 

 

Img_2981resize

詩吟を披露しました。