付きまとう薬物

DEFC事務局 沢田誠二

アヘンは有史以前の遺跡でも痕跡が見つかっているとのことです。祭りや祈りまたは治療に使われたのでしょうか。人類が最も古くから付き合ってきた薬物の一つと思えます。近世になって西欧で一時市井にもてはやされたこともありましたが、その強い中毒性のため今では世界中で禁止薬物です。

禁止に至る近代史で、ケシ栽培とアヘン生産は戦争におぞましく付きまとっています。植民地全盛時代の大英帝国が中国(当時清朝)に対して行ったアヘン戦争はその典型です。インドで作ったアヘンを中国へ持ち込み大儲けしました。国を疲弊荒廃させるとして抵抗した清国に戦争を仕掛け屈服させたのです。軍国時代の日本の関東軍の隠された資金源でもありました。当時の満州(今の中国東北部)で作ったアヘンを中国(当時中華民国)へ密輸販売し巨額の利益を得ました。中国はますます疲弊しましたが一方では、これではいかんという人たちが立ち上がりました。

戦乱と疲弊貧困の連鎖はアヘンを伴って今も続いています。昨今の世界のニュースはアフガニスタンとその周辺でケシ栽培が復活していると伝えています。過去数十年来アフガニスタンは戦乱と貧困の中にあります。貧しい辺境では以前からケシ栽培が盛んでした。二昔前にターリバンが政権を取って禁止し栽培は減少しました。しかし、その後追い出される立場になったターリバンは資金源とするために栽培と生産をやっているのです。この連鎖を止める方法はあるのでしょうか。

ラオス、タイ、ミャンマーが隣り合う地域はもう一つの大きな栽培地でした。べトナム戦争を知る村人は「当時このあたりはケシでいっぱいだった」と言っていました。いずれの勢力がこれから資金を得ていたのかの詮索はともかく、今世紀初めラオス政府は日本を含む国際支援で中毒者の治療もあわせてケシ栽培撲滅に乗り出し、数年後に一掃したと宣言しました。タイはもっと早く、周辺の国々も同様な施策を行いました。

しかしながら他の禁止薬物で依然東南アジアは危険なところです。旅行者や戦乱に直接には関係のない人たちがこの種の薬物に誘われるのです。これを防ぐためどの国でも厳しく規制し、理由は何であれ所持するだけで死刑、良くて終身刑です。興味があるからと近づかないこと、決して見も知らぬ人から物を預からないことです。

撲滅宣言をしたこの地域で、ケシ栽培がひそか進んでいないか心配です。

以上