「世界一大きな授業」でギネスに挑戦

「世界一大きな授業」でギネスに挑戦

DEFCの共同代表は、京都の小学校で学外講師として、お手伝いをします。

参加できるのは、各学校 (一学級からの参加も可)です。

「世界一大きな授業」とは、世界中で何万人もの人が、同時に同じ内容の授業をうけ
る活動のことです。
この活動は「世界中の子どもに教育を」キャンペーンの活動として、世界中の子ども
が学校に行けることを目指して、世界中で行われます。
世界合計で200万人を目標としており、達成されればギネスブックに掲載される予定
です。
4月23日(水)に、世界の子どもたちが同時刻に同じ内容を一斉に学ぶという挑戦を
します。

(時差により、世界に3つの時刻を設定。)

その趣旨は、世界の7,300万人の子どもたちが教育を受けていないことを知るととも
に、だれもが教育を受けられるように、世界として取り組みを進めることにありま
す。

参考URL>http://www.jnne.org/gce2008.html

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.